2018年03月14日

劇場『グレイテスト・ショーマン』

2017年 アメリカ
原題『The Greatest Showman』
監督:マイケル・グレイシー
出演:ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤ、キアラ・セトル、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世、エリス・ルービン、サム・ハンフリー、ポール・スパークス、ナターシャ・リュー・ボルディッゾ

やっぱりヒューは素敵なエンターテイナーです。世界一盛装が似合うナイスミドル。

いや〜もう、どの方面からも言い尽くされてるけど、圧巻です。本当に素敵なミュージカル。うっとりからのズキューンからの号泣。

敢えて申し上げると、楽曲が物語の時代に即していない。踊りももちろん今風だし、衣装も物語の時代に忠実なデザインではないと思う。だから現代劇を観ているような感覚になって、身分の違い?えっそれなんて時代遅れ・・・あっ遅れてた時代の話だったっけ?!って脳内が忙しくなる(笑) まー偏見については未だに時代遅れな感覚でいる人も少なくないし、まったく現代に通じる物語ではありますけれど。こういうストーリーが、いつか普遍的なものでなくなってほしいです。

それにつけても、P.T.バーナムという人はすごかったようですね。過去にもその半生が描かれた作品は作られていたようですし、エンタメ稼業の方々や、興味のある方は是非その生き様に接していただくと、、、どうかな。参考になることがある?かも?

夢を見ることも大事で、そのためにがんばれることも偉いと思うけど、バーナムさんに関してはけっこう強引でズルいこともわりと平気でやや自己中な感じと、酷かったけど良い感じの緩さもあった時代だったという雰囲気もあるので、実はあんまり参考にはならない気がしてきた(無責任)。
posted by のりすけ at 23:52| 群馬 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。