2018年03月29日

TV放映『フライト・ゲーム』

2014年 アメリカ/フランス
原題『Non-Stop』
監督:ジャウマ・コレット=セラ
出演:リーアム・ニーソン、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ドッカリー、ルピタ・ニョンゴ、スクート・マクネイリー、ネイト・パーカー、ジェイソン・バトラー・ハーナー、アンソン・マウント、コリー・ストール、オマー・メトワリー、ライナス・ローチ、シェー・ウィガム、クィン・マッコルガン、コーリー・ホーキンズ、フランク・ディール、バール・パリー、アマンダ・クエイド

新作映画『トレイン・ミッション』のPRのため放映されたっぽい。監督が同じ人だから、らしいですよ(モヤさま風)。

つーわけで(モヤさま風)、アタシそんなに得意なジャンルではないんですけどヒコーキハイジャックもの。リーアムニーソンなら外れってことはない、という一点のみで許容しました。ええ。ぶっちゃけ。

こーゆージャンルって正式になんつーのかしらね、ハッピーエンドが分かってるのにヒヤヒヤしまくって膝がくがく手ヒエヒエお茶飲み過ぎトイレ近すぎ、という現象(?)。吹き替えってだけで50%ゲンメツなのにしっかりサスペンスで絶妙に怖いし、結局結末が気になって最後まで観ちゃうという。

しかもTVだから散々CMを挟みまくり、幾度となく中断されるのを我慢してようやくエンディング、と思いきやエンドロールばっつりカットで余韻もクソもないという最低仕様。ホントTVの映画は嫌だ。映画の良さは多分に余韻の中にあるというのに。「さいなら、さいなら、さいなら」くらい言う人すら居てくれないのに、TVで映画を観る価値なんてどこにありますか。

仕方がないので、CMの間は酒でも飲むか、猫でも撫でるか、どちらも叶わなければ、傍に居る人をいじくりまわすしかないのです。一人きりで観るならDVD一択でしょう、それも字幕で。

もはや映画の感想でなくなっておりますけれども、つまり延々とピンチに次ぐピンチを体感させて疲弊させて思考能力を無くさせようという魂胆なのですよ、この手の映画ったら。もう会えない娘の影がどうとか、家族がどうとか、そういうのマジ偽善。悪くないけどね偽善。やらない善よりやる偽善。

でもそれだけじゃハラハラドキドキしないから。だから理不尽な”期待”を、犯人はリーアムさんに押し付けるのでしょう。たいていリーアムさんは優秀なナニカという役柄ですからね・・・娘いすぎですけどね・・・仕方がないですよね。神様はその人が背負うことのできる荷物(試練)をその背に乗せるのだ、って言いますもんね。能力のある人ほど苦労するという・・・

どーりでアタシが楽に生きられてるワケだぁ( ´Д`)
posted by のりすけ at 19:27| 群馬 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。