2018年04月28日

劇場『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

2018年 アメリカ
原題『Avengers: Infinity War』
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、ドン・チードル、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ホランド、チャドウィック・ボーズマン、ゾーイ・サルダナ、カレン・ギラン、トム・ヒドルストン、ポール・ベタニー、エリザベス・オルセン、アンソニー・マッキー、セバスチャン・スタン、イドリス・エルバ、ダナイ・グリラ、ピーター・ディンクレイジ、ベネディクト・ウォン、ポム・クレメンティエフ、デイヴ・バウティスタ、グウィネス・パルトロー、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、クリス・プラット
声の出演:ヴィン・ディーゼル、ブラッドリー・クーパー

息子11歳と並んで吹替版を鑑賞。ガーディアンズが出るので、ちょっこし恐れていたセリフがやはり出てしまい、瞬間焦る。が、「セフレってどういう意味?」などとは聞かれずに家に帰れたので早く忘れてほしいと思ってます。

主役だらけで疲れますし、観てない作品がけっこうあるし(最近のスパイダーマンとかブラックパンサーとかシビルウォーとか)、何しろヴィジョンを知らなくてスカーレットさんがなんであんなに強いのってホントどうしようって。ホントどうしよう。

ところでトムピーターホランドパーカー軽すぎてどうなの?吹替の問題なの?トニー以上に軽いとかどうなの?真面目地味学生じゃなかったの?私の知ってるトビーピーターマグワイアパーカーはもうちょっと分別があったと思うけど気のせいだったかもしれないけどハイ。

なかなか見られるものではない、と言うか初めて見せつけられてしまったように思う。”愛を知るラスボス”は怖い。ヒーローだって不滅じゃないことは知っていたけど、あんな終わり方でいいのか。いいのか、マーベルは。どうすんだこれ続き。我らが(?)ドクターベネディク党はどうするの?ロキヒドルス党はどうなるの?(大混乱

幸か不幸か、皮肉なのかどうか、キャプテンとスタークは残った。不死身かと思われたニックフューリーまでアレする始末ですよ。そういえばアントマンは出てなかった気がするけど次回出るのかな。いやーガーディアンズがほとんど残らなかったのは残念だ。とりわけグルートがね(T_T) よりシリアスになってゆく物語には必要なかったとでも?いやどちらも否定はすまい。

あっクリスエヴァンスもうキャプテン卒業するとか言ってなかったっけ?次回までやるのかしら。さすがにこのタイミングで降板ってキツいよね(汗) ハルクが緑色のハルクとしてほとんど活躍してくれなかったのは息子11歳も疑問視してました。この前段階にどういう物語があったのか知らない(観てない)ので何ともわからんっつーかブルースとハルクが別人格だったってアタシ知らなかったし(大汗)

とにかくですよ、いろんな意味でキツいっす。はやく完結編をつくるがいい。そして観せるがいい。あと、長すぎです(150分)。子供にはキツい。いや大人もだいぶギリギリです。それでも本編開始前に「エンドロール後にも映像があるので最後までみてね!」ってメッセージがあったので、誰も微動だにせず耐えておりましたよ。まぁね、それはもう恒例だからね、ハチャメチャに長いエンドロールを耐えること自体は良いんだけどね、そもそも本編長すぎキツいっす。

posted by のりすけ at 21:27| 群馬 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。