2018年05月14日

劇場『娼年』

2018年 日本
監督:三浦大輔
出演:松坂桃李、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、小柳友、馬渕英里何、荻野友里、佐々木心音、大谷麻衣、階戸瑠李、西岡徳馬、江波杏子

★★★ R18+ですよ! ★★★








白状します。初っ端からキュゥゥゥ〜〜ってしっぱなしでした。

ときどきドン引きになるトコあるんですけどね。すっごい痛そうなトコとかね。どうやら演出でわざと”笑えるくらいおかしく”してたらしいです。なんでかな。笑えねーんだけど。いずれにしてもあれですよ、ほとんどAVです。松坂桃李の尻をこれだけ眺め続けられる機会は他に無いでしょう。シンケンジャーのときより随分細くなっちゃってる気がしてるのは気のせいかもしれないけど(特に上半身)・・・うーん、アタシ的にはギリでナシ。(誰も聞いてない

松坂桃李はキレイです。前髪で目を隠しすぎなのもったいないのでホントあれやめてほしい。ストーリーはあってないよーなもんじゃないのかな、最初と最後でテクニックの違いなんか見てわかんねーYO!って思ったし(笑)

つっても、もれなくムラムラします。いけません。いやいけなくはないけど、ん〜いけるかいけないかっつったらいけないんだけど、あっそうじゃなくて、誰かと一緒に観るつもりなら人選は慎重に。私はもちろん、一人で観ましたd(゚∀゚d)

posted by のりすけ at 21:55| 群馬 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。