2007年08月12日

DVD『ナイト・ウォッチ』

2004年 ロシア
監督:ティムール・ベクマンベトフ
出演:コンスタンチン・ハベンスキー、ウラジーミル・メニショフ、マリア・ポロシナ、ガリーナ・チューニナ、ヴィクトル・ヴェルズビツキー、マリア・ミロノーワ、イリア・ラグテンコ、ジャンナ・フリスケ、ディマ・マルティノフ他
わりとちゃんとしたファンタジー。いいヴァンパイアと悪いヴァンパイアみたいなアレが争い続けてウン百年、伝説の呪われた女が云々、中立の男が生まれてどっちにつくかでゴニョゴニョ、という感じで整理してみると分かりやすいお話なんだけど、ファンタジーに免疫がないひとが何の予備知識も無く観るとなかなか入り込んでいくのがしんどいんぢゃないかと思えるくらい、暗い。全体的に暗い。ていうかほとんど真っ黒。ロシア人は根暗なのか?w とりあえず主人公らしき男がどういう立場に居るかっつうのを理解するまでに時間がかかったのはアタシだけなんだべか。続編は『デイ・ウォッチ』だそうですが、いつ観られるのか分かりませんが、マトリックス風味を加えたスプラッタホラーになりそうなのでどうなんかなー、といったところ。

posted by のりすけ at 22:08| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。