2007年08月14日

DVD『五線譜のラブレター』

2004年 アメリカ
原題『De-Lovely』
監督:アーウィン・ウィンクラー
出演:ケヴィン・クライン、アシュレイ・ジャッド、ジョナサン・プライス、ケヴィン・マクナリー、サンドラ・ネルソン、アラン・コーデュナー他
コール・ポーターの鮮やかな半生を描いたお話。年老いたポーターが、回想するような形で若かりし頃の出来事を語ってゆくという構成。話し相手はこれから彼をお空に連れて行こうとしている天使。別にいいんだけど、アタシはちょっと好きになれない雰囲気ですねぇ。なんとなく。無駄に長く感じるし。ミュージカル風の語り口は好きなんだけどね。つぅかこのコール・ポーターっつうひとのこと良く知らなかったけど、もともと金持ちでろくに苦労してないみたいなのね。で大した苦悩もない。ように見える。一生ずっと金に困らず、音楽と恋と愛とパーティに生きてたのか。そりゃあ足の1本や2本、くれてやったって。と卑屈な貧民は感じちゃったらいけませんか。まぁね、狭いなりにその世界で精一杯生きてれば十分なんだけどさ。とりあえず観終わってから宝くじが当たったらどうしよう、ということしか考えられなくなってて本当にごめんなさい;;

posted by のりすけ at 22:12| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画『五線譜のラブレター』
Excerpt: 原題:De-Lovely コール・ポーターの生涯、約870もの曲を作詞作曲したという・・、"ビギン・ザ・ビギン"などの曲で綴る妻に宛てたラブストーリーなミュージカル・・。 ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-08-15 00:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。