2008年01月30日

DVD『オーシャンズ11』

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、ドン・チードル、エリオット・グールド、カール・ライナー他
フランク・シナトラ主演のオリジナルとはかなり違ってる。標的を絞って敵の存在を明確にしたこと、時代に合わせたハイテク機器を使うことで手口もより複雑になったこと、キャラの見分けがちゃんとつくことw などなど改良と言っていいくらい良い出来だと思う。歌を歌ったりしてるヒマがなくなっちゃったのだけが残念。しかしオリジナルは華麗に盗んでおきながら火葬されてしまってみんな呆然となっておうちに帰る、というオチだったけど、今回はしっかりゲットしてますな。敵がけっこうちゃんと嫌なやつになってるから、取るもんは取っとかないといけませんですハイ。いやあ愉快痛快。アホなコント係もいるし、クスッと笑えるところが多くて楽しい。続編を作りたくなっちゃう気持ちは分からんでもない。ところでジュリア・ロバーツの登場時は何故か超美人っていう扱いになってるけど、どうも歩き方が変で美人に見えなかったのはアタシだけでしょーか。つかオバハンだしな。年齢的に釣り合いは取れてるけど、もうちょい若いのでも良かったんじゃないかと思わずにはいられませんですた。

posted by のりすけ at 21:33| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。