2008年01月30日

DVD『オーシャンズ12』

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アンディ・ガルシア、マット・デイモン、バーニー・マック、ヴァンサン・カッセル、ドン・チードル他
負けず嫌いなのはテリーの方だという話。いちおー敵の鼻をあかしてはいるが、痛快度は低い。金を返さなければ頃すよ! と言われてハイ素直に返します、ってなっちゃうのは今ひとつカッコよくないんだけど、まぁプロの盗人ではあるけどヤクザには勝てないよ、ということか。つまり金持ちを見たらヤクザと思え、ということか(ちょと違う)。あとトゥルアーは普通に顔を知られた人物なはずなのに、ヒゲとメガネだけの変装で警察の人間に会ったりして何故バレねーんですかね。イザベルもトリックに関しては勘が鋭いけど、いまいち抜けてるというか男に弱いのか。長いこと独身やってるからとか? つか公文書偽造?って免職くらうくらい重い罪になっちゃうんでしょーか。あのサインひとつで辞めなきゃなんないってどうなんかなーと思ったんだけど。仕事に誇りを持っていれば、ちょっとくらい食い下がったりするんじゃね? それともやっぱり男に弱いのかw いやまぁブラピに言い寄られたらアタシも余裕でなびいちゃうけどさ☆

posted by のりすけ at 21:46| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。