2008年03月01日

DVD『ウォー・ゲーム』

1983年
監督:ジョン・バダム
出演:マシュー・ブロデリック、ダブニー・コールマン、ジョン・ウッド、アリー・シーディ、バリー・コービン、ジュアニン・クレイ他
言うまでもなく若くて美しいマシューを見れただけで十分なんですが、映画としてのデキも良いです。期待してなかったから意外でした。なんで期待してなかったかっつうと、タイトルがつまんないから。まぁコンピュータ自体が妙に古いのはしょうがないよね〜とか、あれもしかしてフロッピー?とか、あっはっは手のひらよりデカイし!とか、そーゆーのは置いといても、けっこうハラハラさせられちゃいましたよ。うわわうわ〜っていうシーンで出てくるロケットが微妙にチャチくて危うく冷めそうになったけど。なんつうか、どっかで聞いたような展開には違いないんだけど、けっこう飽きない。しかしアレですな、やっぱ先端技術には若者が似合いますね。『ファイアー・ウォール』のハリソン・フォードもすごかったけど結局最後は体力と腕力だったもんねw つか無銭で公衆電話かけちゃうってどうなの。そんな方法普通知らねーだろ。どんな高校生だよ。いたずらにも程があるっていうかまぁそれどころじゃないんだけどね。最悪の規模で軍を引っかき回しちゃったワケだからして、ハッピーエンドのよーに見えてもやっぱり弁護士呼ばなきゃなんないことになるんぢゃね? それでも18歳未満だからおkなの?? まじっすか。アメリカすげえ。自由すぎる。

posted by のりすけ at 22:23| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。