2008年03月05日

DVD『ポイント・ブランク』

監督:ジョージ・アーミテージ
出演:ジョン・キューザック、ミニー・ドライヴァー、ダン・エイクロイド、ジョーン・キューザック、アラン・アーキン他
とりあえずジョン・キューザックのパンダ目がキュート過ぎてアサシンに見えない。ダン・エイクロイドも愛嬌ありすぎて、ほとんどコメディである。人に言えないよーな仕事をしていながら昔の恋人が忘れられないとかセラピストに勧められたから故郷に帰ってみるとか、挙句の果てに廃業ですか。甘すぎだろwww それにそーゆー仕事って足抜けしても延々誰かに狙われ続けるっていうのが定石じゃないすか。無論マンガ等の知識だけども。愛しのカノジョだって巻き添えぢゃね? いいの? そうでなくとも父ちゃんがまた他の誰かに狙われないとも限らないし。つか映画を通して主人公が真面目にかつ完璧な仕事をしてるシーンがないので、こいつは本当に腕利きの殺し屋なのかっつうところがまず疑わしい。その上でやってることがひたすら女を口説くことときてるんだら、期待はずれもいいトコですよ。しかも二丁拳銃で無駄弾撃ちすぎだし一般の住宅地で派手に立ち回りすぎだし、贔屓目に見たっていっこも信頼できないワケですよ。なんなのコレ。アクションとかドラマとかじゃなくて単なるラブストーリーなのか。そうか。

posted by のりすけ at 23:46| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。