2015年06月12日

DVD『ブラックホーク・ダウン』

2001年 アメリカ
原題『Black Hawk Down』
監督:リドリー・スコット
出演:ジョシュ・ハートネット、ユアン・マクレガー、トム・サイズモア、サム・シェパード、エリック・バナ、ジェイソン・アイザックス、ジョニー・ストロング、ウィリアム・フィクトナー、ロン・エルダード、ジェレミー・ピヴェン、ヒュー・ダンシー、ユエン・ブレムナー、ガブリエル・カソーズ、キム・コーツ、ジェリコ・イヴァネク、グレン・モーシャワー、ブレンダン・セクストン三世、リチャード・タイソン、ブライアン・ヴァン・ホルト、ニコライ・コスター・ワルドー、スティーヴン・フォード、オーランド・ブルーム、トーマス・グイリー、エンリケ・ムルシアーノ、ラザーク・アドティ、カーマイン・ジョヴィナッツォ、ジョージ・ハリス、グレゴリー・スポーレダー、ヨアン・グリフィズ、チャーリー・ホフハイマー、クリス・ビーテム

最初は黒板を指の腹でゆっくり撫でてる。今度は少しだけ指を曲げて、爪が黒板に触るか触らないかくらいで撫でる。次はもう少しだけ指を曲げて、爪がほんのり黒板を擦る音を立てる。次はもっとはっきり聞こえる音で。だんだん爪を立ててきて、擦ってる本人も、聴いてる私たちも、もういい加減神経が逆立って耐えきれなくなりそうになる頃、ブラックホークが墜落する。

不吉な予感を煽られすぎて、最初の44分で一時停止しちゃった(大汗) オーランドが落ちちゃった後のシーン。あとにやってきそうな不幸なシーンを連想しまくっちゃってもう、耐えられなくて(>_<) 案の定、ほどなく『ブラックホーク ダウン・・・』

あとに続く惨劇は、目を覆わんばかり。次々と倒れ・・・ているように見えたけど、実際のところ米兵の犠牲者は19名だったようで。映像から受ける印象より少ない感じ?(汗) 訓練されてない民兵とは射的の腕前も違うのか、とは思ったけど、何百何千vs100だったことを思うと良くやったよね。。。

そもそもが介入すべきでなかったかもしれない、という視点は忘れちゃいけないけど。アメリカさんは立場も強くて軍事力もあるんだろうけど、世界と自国を平等に見てないように見えなくもない瞬間はときどき感じるよね。平和に付き合っていられれば、強かろうが弱かろうが関係ないんだけど・・・。

兵士たちにはモチベーションが必要だ。それが全員に理解されやすい標的であれば話は早いけど、そうでなければ自分で自分を決めなきゃいけない。もうね、ほんっとフート△。かっこよすぎてエリック・バナだってこと忘れそう(?) 他にもすんごいキャストが勢揃いなんだけど、お揃いの格好で一様に泥だらけになると、ほとんど見分けがつきません。デカイかちっこいか、若いか老けてるかくらいだ。マジで。ヨアン・グリフィスがどこにいるかわかんなかったし(+_+;

最後らへんでジョシュが呆然と歩くシーンは、ああこりゃPTSDにもなるわぁ、と思わせすぎだったり、総司令官?が血を拭いてたりするあたりに惨めさが溢れてたりするので、そこのところはやりすぎじゃないのかなぁと思わなくもない。まぁね、映画だからね、誰かの思惑が乗っかってナンボだもんね。

※2015年 13本目
posted by のりすけ at 23:47| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

DVD『プライベート・ライアン』

1998年 アメリカ
原題『Saving Private Ryan』
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:トム・ハンクス、トム・サイズモア、エドワード・バーンズ、バリー・ペッパー、アダム・ゴールドバーグ、ヴィン・ディーゼル、ジョヴァンニ・リビシ、ジェレミー・デイヴィス、テッド・ダンソン、デニス・ファリナ、ポール・ジアマッティ、デイル・ダイ、マット・デイモン、ハリソン・ヤング、シェーン・ジョンソン、リーランド・オーサー、マクシミリアン・マーティーニ、ネイサン・フィリオン、ディラン・ブルーノ、アンドリュー・スコット、ジョン・シャリアン、ライアン・ハースト、ハーヴ・プレスネル、キャスリーン・バイロン、ロブ・フリーマン、ブライアン・クランストン

「アパム!弾持ってこい!アパーム!!」の元ネタがここにあったー(●´∀`●)

笑えないけど(>_<)

大事なライアン君にやっと出会えたと思ったらマット・デイモンで「ああ、これなら死なないわ。つーかコイツが敵を殲滅するんじゃね?」みたいな感覚に陥ったのはあたくしだけではないことを信じたい。結局のところは守られる立場で、ろくな活躍もしてないのよね。新兵ってゆー設定らしいし、別に良いんだけど、マット・デイモンとしてはもっとできる子なわけで、もっと働かせてあげてもよかったのにw などと勝手なことを聴衆だから言っちゃってみたり。

なかなかに考えさせられるお話ではあります。跳ねっ返りでチャラげだったイケメンと臆病で感受性豊かなヒョロ男が生き残ったあたりも。ラストシーンはちょっとしつこいと思ったけど、やっぱりスピルバーグの仕事は堅い。音楽もジョン・ウィリアムズと堅いw そのくらい堅い人生を、ライアン君は背負って生きてきた、意識して堅く生きるしかなかった、とも言えるかな。

だって自分を助けてくれた人に、「これを無駄にするなよ」って言われて死なれたら、絶対グレられないよね(汗) よかったよ長生きできて...家族を持って、長生きできて、孫もできて、墓参りまでできたら、もう御の字でしょうよ。それでも尚、妻に「おれ、ちゃんとしてるかな?」って聞かないではいられなかった。そこんとこの字幕が戸田奈津子節炸裂でゲンナリしたのはココだけの話。

戦闘シーンが尽くエグいですね。リアルをとことん追求しているということでしょうか。下半身が撃破されてしまった兵を、そうと気付かずに引きずって進むなんていうシーンをごく自然に撮れちゃうなんて理解を超えてる((( ;゚Д゚))) 冒頭にコレを持ってきちゃうし、その後もずっと凄惨で血みどろで正視に耐えないまま、飽きさせずに見せちゃう。

飽きはしないけど、DVDなので一時停止はできる。アタシは最後の方の戦車を待ってるシーンで一旦止めた(汗) これから起こりうる惨劇をすんなり受け入れられるだろうか。どれだけの人が命を落とすことになってるんだろう。即死でなく苦しむ人も演出されるのだろうか。待ち時間というのはこれだからいけない。ラブソングのひとつも流してみたくなるってもんです。まぁ、単純に言って長いですから、この映画。170分=3時間弱ですからね、休憩いれたっていいじゃないw

人は、人の命は平等のハズなのですよ。だけど立場が変わるとそうじゃなくなるのよね・・・。仕方ないけどね。自分の手の届く範囲しか守れないし。見える範囲全部は守れないし。どこかで線を引かないといけない。それが軍規であるか経典であるか自分個人の信念であるかも、選ばないといけない。やっぱり人生は選択の連続だった。

※2015年 12本目
posted by のりすけ at 16:59| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

DVD『グローリー』

原題『Glory』
1989年 アメリカ
監督:エドワード・ズウィック
出演:マシュー・ブロデリック、デンゼル・ワシントン、モーガン・フリーマン、ケイリー・エルウィズ、ジミー・ケネディ、アンドレ・ブラウアー、ジョン・フィン、ドノヴァン・リーチ、ジョン・デヴィッド・カラム、アラン・ノース、ボブ・ガントン、クリフ・デ・ヤング、クリスチャン・バスコウス、ジェイ・O・サンダース

若くて白くて美しいマシューを観たい一心で(笑)

確かにデンゼル(あんまり若くて最初気づきませんでした汗)や、モーガン(よくよく今と見比べるとけっこう若いことに気づくw)の方が目立つというか目を引くので、大佐ちゃん影薄っ!とか思いましたけど、そもそも影の薄いキャラだったんですよね。お金持ちのお坊ちゃんだし、威厳なんかあるわけないじゃないですか。ほんとマシューはぴったりの役だったと思います。ヒゲがなかったら本当に坊やおうちへ帰りなさいって言いたくなるほど童顔だしカワイイし(笑)

というわけでもちろん南北戦争とかよく分かりません。何度でも言いますが私は世界史で平均点とったこと無いですから(+_+; でも、奴隷だった人たちが解放を求めるとか、世の中を変えたいと願って行動するとか、自分のがんばりで誰かの何かに貢献するとか、そういう感動は歴史と関係ないから、わかる。あと、そんな自分を認めてもらいたいという欲求。これが栄光だ。

自分で自分を認めて許してれば、たいがい大丈夫なんだけどね、平和な世の中だったら。軍人はそうはいかないし、そもそも男性はそうじゃないのかもね。人から注目されたい、偉くなりたい(偉いって言われたい)、っていう本能みたいなのがあるのかも。人の上に立ちたい、賞賛されたい、という類の欲求は、女性より男性の方が強いんじゃないかなーって思う。ただ目立つだけじゃなくてね。

つーかあの戦闘どうなの。真正面に向き合って銃を撃ち合うスタイル?なんかさあ、戦術ってやつは無いんですかね?砦を攻めるにしても、ただただ人の波で押し寄せるだけなんですか?ろくな装備がないのは致し方ないけども、銃と大砲を前にして、まっすぐ突っ込んで行くしか術が無いの?派手に散ってゆく様は見事だけど、ちょっとねぇ・・・。

と思ってサクッとググったらちゃんとした解説がいっぱい出てきました(笑)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1248801787
(↑yahoo知恵袋)
勉強になりますm(_ _)m

ところで最近は戦争映画を勧められる機会が多くてですね(^_^; 史実に沿ったお話ってわりと後味が良くないからあんまり観ないんですが、このあとも数本続く予定、、、逃避するなら仮面ライダーかな。結局戦ってばかりかw

※2015年 11本目
posted by のりすけ at 13:01| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

DVD『ショーシャンクの空に』

1994年 アメリカ
原題 『Shawshank Redemption』
出演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー、ボブ・ガントン、ジェームズ・ホイットモア、クランシー・ブラウン、ギル・ベローズ、マーク・ロルストン、ジェフリー・デマン、ラリー・ブランデンバーグ、ニール・ジュントーリ、ブライアン・リビー、デヴィッド・プローヴァル、ジョセフ・ラグノ、ジュード・チコレッラ、ポール・マクレーン

脚本(話の展開と組み立て方)が良いし、役者も良いし、ナレーションも素晴らしいし、ちっとも飽きない。傑作と言われれば、そうなんだろうなぁと納得できますね。でも、暴力が過ぎるシーンがけっこうあったり、銃殺シーンを真正面で見せたりしてるので、大どんでん返しからのスッキリ感はあったとしても、あんまり気分は良くないかなぁ.....

アンディが終始冷静だからね。主人公に感情の起伏があんまりない(ように見える)から、観てる方もあんまり気持ちがバタバタしないんだと思う。良くも悪くもね(笑) 彼は結局無実だったのかどうかって分からないんだけど、そういう憤慨も当初は戸惑いの中に紛れていたけど、やっぱり自分の確固たる世界に生きる希望を捨てずに持っていたから、やり遂げる機会を正しく見据えられたのだろうなぁ。多くの囚人が環境に甘んじてしまう中で。偉い。

アメリカの刑法とか量刑制度?とかよく知らないけど、日本だったら50年も服役とかって無いんですよね。つっても、2年も居たら十分慣れちゃいそうだけど(+_+; シャバは生きにくいよ、そりゃ。衣食住が保証されてないもんw 働けなくて生活保護受けるより、元気に働いてる方が貧しいとかね(汗) まーお金の話は「アタシの上にだけ3億円降ってくればいいと思います。何なら7億円でもいいです。ドルでもいいです。」で終了ですけど。

学はあるに越したことはないし、罪は必ず裁かれると、そういうことでした。あとは希望を持てるかどうか。刑務所なんかに入ってなくても希望がなかったら生きるの辛いもんね。欲望も希望のうちだと思うし(笑) いろいろ望みながら生きるのがイイと思うよ!

※2015年 10本目
posted by のりすけ at 21:07| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

DVD『バンディダス』

2006年 フランス/メキシコ/アメリカ
原題『BANDIDAS』
監督:ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ
出演:ペネロペ・クルス、サルマ・ハエック、スティーヴ・ザーン、ドワイト・ヨーカム、デニス・アーント、サム・シェパード、オードラ・ブレイザー、イスマエル・イースト・カルロ、ゲイリー・セルヴァンテス

ペネロペ・クルスとサルマ・ハエックを並べて撮りたい、と思いついたリュック・ベッソン(製作・脚本)が偉い。完全にアイデア勝ちw これ、『ヘアスプレー』のDVDで本編前のCMに出てて、それ見て即ポチったの(笑) 分かっていただけるとすごく嬉しいんですけど、この2人が同じ画面に居て、しかもウエスタンで大暴れなんて、観たいに決まってると思いません?

ストーリーはあんまびっくりするトコないけど(汗) 展開のテンポの良さとか、キャラの立ちっぷりとか、豪快に爆破してしまうあたりとか、やっぱよく分かってる。まぁ今回はオリジナルストーリーってことで、1980年代の設定だけど歴史とか知らなくてオッケーだからね。都合良く指導者とか出てきちゃったりするのも自由自在だし(笑) 神父さんもホントいろいろ都合が良くてねー(笑)

ジャクソン氏(悪者の人)の風貌といいキャラといい、とにかく徹底して悪くて良かったw 女を見る目がいちいち下衆の極みw よくよく見るとイケメンなんだけどね(笑) ガチの下衆野郎に仕上げてらっしゃる。良いところがひとつも無いというのに、なんであちこちの偉い人らはこぞって騙されるのかw 金か。そうか(笑) そゆとこ、大人の悪いとこだよねw

コメディ色もありますから、そういうモノとして見た方がいいかも。年齢とかは気にしちゃいけないんです。主役2人とも娘と言うにはアレなアレですが、何気に動けてますし、スタイルも良いし、そもそも美人だから大丈夫、七難隠してる。ていうか、よくがんばりましたよ(^_^; けっこうなアクションもやってますからね〜。

良くも悪くもリュック・ベッソン風味の、お気楽ハイテンションムーヴィーのひとつ、でしょうか。しかしペネロペ・クルスとサルマ・ハエックの見分けがつかない私のような生物や、ポロリしそうなおっぱいを期待する種族などにとっては、見ないといけない作品なのだと確信。そんなわけでよろしく!(何)

※2015年 9本目
posted by のりすけ at 23:31| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

DVD『ヘアスプレー』

原題『Hairspray』
2007年 アメリカ
監督:アダム・シャンクマン
出演:ジョン・トラヴォルタ、ニッキー・ブロンスキー、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、クイーン・ラティファ、ザック・エフロン、ブリタニー・スノウ、アマンダ・バインズ、ジェームズ・マースデン、イライジャ・ケリー、アリソン・ジャネイ、ジェリー・スティラー、ポール・ドゥーリイ、ジョン・ウォーターズ

パッケージの派手派手しさそのまんまの、お気楽コメディミュージカルですね。リメイク版だそうで、元のは観てないです。ジョントラヴォルタが女装してるってんで、どんだけはっちゃけてんのかと思ってたら、くそ真面目に母親役をやっててちょい萎えw 最後のダンスもがんばってたけど、あそこくらいは本領発揮というか、サタデーナイトフィーバー的なキレを見せてくれても良かったんじゃないかと(笑)

ニッキー・ブロンスキーは新人とは思えない貫禄で・・・いや声すごい良いし。ダンスもうまいし。しかも普通にかわいい。たまたま60年代のファッションが似合う顔なのかもしれないけど、ほんとキラッキラしてますよね。すごいなぁ。

とにかくザック・エフロンがイケメンすぎて困る。ジェームズ・マースデンといい、イケメンとして完璧すぎるw 完璧すぎてコメントに困るレベル(; ̄▽ ̄) クリストファー・ウォーケンも素晴らしいトボケっぷり(笑) あのトレーシーの父親にしては年とりすぎてる感じだけど・・トラヴォルタと良いコンビしてたのがステキ。

クィーン・ラティファもなかなかの存在感だったと思うけど、 アタシ的には、もうちょっとパワフルな感じを期待してたかも。最後の見せ所も、もっとソウルフルに歌っちゃっても良かったんじゃないかしら。ブラックチーム代表として。

差別しないの、イイヨネ!で番組は終わってたけど、映画としては何が言いたかったんだろう。肌の色で差別するのと、おデブちゃんをいじめるのとでは次元が違うと思うんですけど。だっておデブはどうにかすればおデブじゃなくなることは可能じゃないですか。肌の色はそうじゃない。

カラーの違いを脂肪の量の比較と同レベルに扱って、そのくらい軽いことなんだからどうってことない、ってゆー考えなのだとしたら、まぁ分からなくもないけど・・・そうじゃなくて、単純に歌と踊りとドタバタを楽しんじゃおう!という映画なのですよね、そうですね(笑)

ま、黒人の大統領が登場したって根本は変わってないんだから、笑い飛ばすしかないのかもですね。

※2015年 8本目
posted by のりすけ at 22:33| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

劇場『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』

2015年 日本
監督:柴崎貴行
出演:竹内涼真、中村優一、稲葉友、及川光博、内田理央、吉井怜、浜野謙太、井俣太良、半田健人、天野浩成、西川俊介、松本岳、中村嘉惟人、矢野優花、山谷花純、倉田てつを、高田延彦、井手らっきょ、笹野高史、片岡鶴太郎

一番びっくりしたのは井手らっきょ氏、かなぁw 懐かしい〜w パンフの解説によると「スキンヘッドだから」選ばれた模様。個性というのは大事なのだね。

そして剛の扱い・・・もうなんつうかね、映画は映画として完結してくれないんですね。TVの本編から「続きは映画で!」って言われ慣れたら、次はブルーレイですか。それ買わなきゃ分からない真相とか、ネット配信のストーリーを観なきゃ解けない謎とか、「これを観なければ仮面ライダードライブは語れない!」とか。どんだけ足元見やがりますか。ほんと勘弁してください。子供向けの番組じゃなかったんですか。大人を全力で巻き込まないと、あ、そうか、謎が気になるのは大人だけなのか。そうかー。子供目線なら、なんだか分かんないから追及しないんだよなーそうだよねー。あー。

金かかるんですけど・・・(>_<) ヒーローも資金が要るもんね、気持ちはわかるよ。だけどBD買えとまで言われたら流石にドン引きです。そこまで盛り込んで番組として作れよ。マジで。入場者特典のDVDだけじゃ謎が深まるばかりってホント酷い。酷い商法。

文句が先に出ちゃいましたけど、映画として、お話としては悪くないと思います。何しろきちんと完結してないから?よくわかんないんですけど? 先輩ライダーの言った、仮面ライダーの心得的な、本来の存在意義みたいのが聞けたのは良かったと思います。剛がアレなことを除けば、わりと話はまとまってたし。ツインリンクもてぎのシーンは、みんながんばったよね(笑) どうせメインはCGだからと思ったけど、あれだけマシンが揃うとなかなかに壮観w

あと1号2号が神格化されすぎなのは気にしたら負け。過去ライダーは何度も(東映に)騙され、ありとあらゆる手段でもって(東映に)利用されて、未来永劫(東映によって)戦わされ続ける運命なのだ。

いろいろね、ええとなんだ、ドライブ混じったニンニンジャーの巨大ロボとかね。決め技言うたびにドライブの顔部分だけこっち向くとかねw もうやめれwww って思うトコいっぱいあったけどね。そもそもニンニンジャーのロボってお腹ら辺で足プラプラしてんのかよ!ってデザインが斜め上って言って良いのかどうか、むしろ話題にしたくない感じなのも含めて、もう、この際、いいと思います!お祭りってゆーかヤケクソっぽいけど。流石にもう慣れた・・・って毎回言ってるってことは、それなりに驚かされてるってことか・・・悔しいなw

ミッチー、やっぱ年とりましたわ。「この人超キレイだわービビリ入ってるけど超王子様だわー」とか思ってたのはいつだったかしらねぇ。ステキな笑顔を見られる場面が少なくて残念ですが、やっぱ姿勢が良いから、どんなシーンも見栄えが良いし、素面のバトルでの立ち回りもカッコええですね。スーツ着れて良かったですね(*´Д`*)

前作ライダーのガイムがぜんぜん何もしてなかったのがちょと残念かなー。暗殺教室とかあって忙しいんだべか。あとダブルの中のショウタロウが『群青色のとおり道』の主演やってることをやっと知って、ああ観ねばと思ったり。そんなわけだ。がんばろー!(何)

※2015年 7本目
posted by のりすけ at 20:07| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

DVD『複製された男』

2013年 カナダ/スペイン
原題『Enemy』
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ジェイク・ギレンホール、メラニー・ロラン、サラ・ガドン、イザベラ・ロッセリーニ、ジョシュア・ピース、ティム・ポスト、ケダー・ブラウン、ダリル・ディン、ミシャ・ハイステッド、メーガン・メイン、アレクシス・ウイガ












★★★ !!! ネタバレ注意 !!! ★★★














ジェイク・ギレンホールの二役。二役ってゆーか、同一人物なんだな...『ファイト・クラブ』か!それを強引に複雑な手法で作ったストーリーって感じ?観終わって最初に口をついて出たのは「どうしよう、ぜんぜん分からないんですけど(笑)」

ネタばらしをせず、投げっぱなしの映画ってたまに遭遇するけど、モヤモヤしたまま終わるのは正直得意じゃないのよね(; ̄▽ ̄) いろいろ解釈して感想を話し合うってのも悪くないけど、今どきはネットでレビューをいくらでも読めちゃうでしょ?でソレ読んじゃうと、ああそういうもんか、って「自分の感想」に置き換えちゃうのよね。分からなすぎる映画って、そーゆートコがイカン。やっぱ自分で考えるよりは、人の意見に賛同する方が楽だからね。

『ステイ(http://catwatchamovie.seesaa.net/s/article/19073266.html)』も相当ワケ分かんなかったけど、あれは公式でちゃんとネタばらし公開してましたからね。
多重人格モノでは『アイデンティティー(http://catwatchamovie.seesaa.net/s/article/17186276.html)』もスゴかったけど、まだ分かりやすかったかなー。
投げっぱなし繋がりで酷かったのは、フランス映画の『隠された記憶(http://catwatchamovie.seesaa.net/s/article/19817910.html)』。
そしてそしてオチが「宇宙人のせいでした!」でイラッときたのは『フォーガットン』。あれ、コレ感想書いてなかったっけ...だんだん脱線してきたからこの辺で(笑)

アタシも自分で考えるの面倒だし楽な方に乗っかりたいって思っちゃうからねぇ。。。

とりあえず、蜘蛛の存在が何を示しているかってのが一番の謎ですよね。ここでアタシは邦題の「複製」に取り憑かれてしまって、蜘蛛が何をするんだろう?!ってずっと思ってた。のが敗因_ノ乙(、ン、)_ マジこの邦題つけた奴引っ叩きたい。

あちこちのレビューから、アダムはマザコンで、母に支配されてて、逃れる為にアンソニーという幻想に走った。という線を推しとく。巻き添い食ってダイアナさんみたいに逝っちゃったメアリーだけが可哀想っていうかメアリーすら妄想の産物かもしれない線もあるわけなのかーそうかー(汗) でも実際にニュースになってたりするしーでもそれがアレなのかもだしー?!

やっぱこの手の、後からいろいろ考えなきゃいけない映画は苦手です(>_<)

※2015年 6本目
posted by のりすけ at 00:35| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『イングロリアス・バスターズ』

2009年 アメリカ
原題『Inglourious Basterds』
監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、ミヒャエル・ファスベンダー、イーライ・ロス、ダイアン・クルーガー、ダニエル・ブリュール、ティル・シュヴァイガー、B・J・ノヴァク、サム・レヴァイン、ポール・ラスト、ギデオン・ブルクハルト、オマー・ドゥーム、マイケル・バコール、アウグスト・ディール、ジュリー・ドレフュス、シルヴェスター・グロート、ジャッキー・イド、ドゥニ・メノーシェ、マイク・マイヤーズ、ロッド・テイラー、マルティン・ヴトケ、リシャール・サメル、アルンドゥト・シュヴェリング=ゾーンレイ、ザック・フォルカー・ミヒャロウスキ、ケン・デュケン、クリスチャン・ベルケル、アン=ソフィー・フランク、レア・セドゥ、ティナ・ロドリゲス、レナ・フリードリヒ、ルドガー・ピストール、ボー・スヴェンソン、エンツォ・G・カステラッリ

これ、あれですよね、クリストフ・ヴァルツさんが主役ですよね?完全にブラピ負けてたでしょう。ぶっ飛び具合からして。単純に画面に映ってた時間でもw

メラニーさんきれいね〜カフェ〜でカジュアル〜な格好で座ってるのが超お似合いだったんですけど。なにその、生まれながらにしての勝ち組とか。アタシだってオサレ〜なカフェ〜でナンパとかされたい〜w ダイアンさんの女優っぷりもなかなか良かったですよね。女優女優してたw

まぁ、胸糞悪いっつーか、下品な映画ではありますよ。誤解を恐れず言えば、限りなくB級に近い良作。必要以上にグロいし、鬼畜だし、インモラルだし、ほとんどコメディだし(笑) だけど構成というか脚本というかはとても良いし、観てて飽きない。まず最初のシークエンスできちんと「つかんでる」。その後のテンポが良い。「”作りが上手い”って思わせる手法」が映画の評価としてどうなのかは分かんないけどw

ナチスとか戦争とか復讐とか、重くなりがちなテーマなのに、こんなに気楽に観られる映画があるとは。史実に則ってないからアレだけど、要はナチを茶化してる部分もあるんだろうと思うので、やっぱり娯楽として楽しむタイプなんだろうなーと思います。R15+ですからね、娯楽としてこの殺戮現場を見られないとアレなので、なかなかオススメしづらい作品ではありますw

※2015年 5本目
posted by のりすけ at 00:16| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

DVD『マディソン郡の橋』

1995年 アメリカ
原題『The Bridges Of Madison Country』
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド、メリル・ストリープ、アニー・コーレイ、ヴィクター・スレザック、ジム・ヘイニー、サラ・キャスリン・シュミット、クリストファー・クルーン、ミシェル・ベネス、カイル・イーストウッド、フィリス・リオンズ

冒頭、「誰?」「誰?」がしばらく続いて、ようやく見知ったメリル・ストリープの顔が出てくる(=過去語りの始まり)。

つまりは日常に退屈していたとある主婦のとある不倫だったにすぎない、とする向きもあるようですが(ちょこっとレビューとかググった)、確かにフランチェスカ目線でしか描いてない感じはあったので、ウケるのは主婦だろうなぁ、というところには同感です。ロバート目線は、あんまりだったかしらね。どちらかというと遊び慣れた、自ら踏み込んでいかない、臆病ともズルいとも言えるスタンスの男。よくない、と評価する人の気持ちも分からなくはない。

私はやっぱり女なので、フランチェスカに感情移入しちゃうのよね。チョー泣いたし(泣) あれだけ身を焦がして、それでも夫と子供を思いやれるなんてマジ女房の鑑。アタシだったらサックリ捨ててたかもしんないw

どこかで見かけたレビューの、「家族にそっと遺灰をまいてもらえた選択をできたことは正解だったのだろう」という一文に敬意を表したい。死んでしまえば、本人には何がどうでも関係ないとは言え、残す子供たちにどういう思いを授けるかは、やはり生きた証になってしまう。なんだかんだ、子供は親のことをちゃんと見てますし。生きることは選択すること。今の幸せ/不幸は常に、選択し続けてきた結果なのだ。

あと、恋してる段階と、「一緒になる」っていうのは、やっぱ違うのかなーって。4日間限定って絶妙だよね。やっぱ非日常ってやつは燃えるもんよ。そこで(おそらく)正しい判断ができたフランチェスカが、やっぱ偉い。ギリギリでも、選べて良かった。・・・もっとも、逆を選んでも、「これで良かった」って言うんだけどね。そういう物語があっても全然オッケーですけどね。ええ。

撮影した時点でクリントは65歳だったとか。まー、突発的だったとしても新しい恋をするには、一般的には年とりすぎだわ。でもね、超イケメンよ。髪を見なければ大丈夫(笑) 一方のメリルもそれなりのお歳だったと思われますが、ふつーに色っぽいよね。これは見習わねば。

※2015年4本目
posted by のりすけ at 23:43| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

DVD『インビクタス/負けざる者たち』

2009年 アメリカ
原題『Invictus』
監督:クリント・イーストウッド
出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン、ジュリアン・ルイス・ジョーンズ、アッジョア・アンドー、マルグリット・ウィートリー、レレティ・クマロ、パトリック・リスター、ペニー・ダウニー

マット・デイモンなんですよ。フランソワって顔じゃねえっつう(汗)

原題の直訳は、「征服されない者(単数)」なんだそうです(Wikipediaより)。劇中、大統領氏が言う「我が運命を決めるのは我なり、我が魂を制するのは我なり」(I am the master of my fate,/I am the captain of my soul.)は、そういう意味なのですね。

私個人的には、すごく当たり前なことなので、なんでわざわざ。と感じてしまいがちなんですけど、征服されてた環境があったからなんですよね、彼らには。そういう歴史が前提として分かってないとイケナイお話・・・。

ご存知の通り、あたくし歴史ってチョー苦手なんで・・・アパルトヘイト?あー、はい、単語は聞いたことある。っていうレベル。それ以上何も知らないレベル(汗) ダメだ・・・

とりあえず感じたこと。色んな人種が混じる映画としてはアメリカ映画を観る機会が多いわけですが、南アフリカが舞台っていうのは初めてだと思います。他の国の映画でももちろん人種の違いが表現されているモノはあるけど、南アフリカって関わり方が違うのかな〜?と思いました。当事者たちの。クリント・イーストウッドが撮ってるんだから割と本当の姿に近いんじゃないかと信じますが、どこの国でも偏見ってやつは存在するものの、あり様はみんな違うのかなぁと。

やっぱマット・デイモンの顔がねぇ。彼は、どうしても、アメリカちっくな顔なんですよ(汗) フランソワがどうこうっていうレベルじゃない。アメリカすぎる。特典映像で、アスリートを演じるためにキッチリ体作って撮影に臨んだとかゆってて、もちろん偉いんだけど、やっぱラグビー選手には見えない。まして南アフリカ育ちだなんて。何を偉そうに言っちゃってるんでしょうかワタクシ。単純に顔が好みじゃないっていうのは置いといて。

勝負ごとじゃないにしても、困難に対して、それを乗り越えねばならない、乗り越えられることを証明しなければならない。そういった「意志の強さ」は私もそれなりに持っていると思うけど、本当に実現できる力があるかどうかっていうところは、やっぱりいつも不安になります。実現するための努力は、常日頃心がけていますけれど・・・。がんばって参りませう。

※2015年3本目
posted by のりすけ at 21:30| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

DVD『バレンタインデー』

2010年 アメリカ
原題『Valentines' Day』
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:ジェシカ・アルバ、キャシー・ベイツ、ジェシカ・ビール、ブラッドリー・クーパー、エリック・デイン、パトリック・デンプシー、ヘクター・エリゾンド、ジェイミー・フォックス、ジェニファー・ガーナー、トファー・グレイス、アン・ハサウェイ、アシュトン・カッチャー、クイーン・ラティファ、テイラー・ロートナー、ジョージ・ロペス、シャーリー・マクレーン、エマ・ロバーツ、ジュリア・ロバーツ、テイラー・スウィフト、マシュー・ウォーカー、ラリー・ミラー、キャサリン・ラ・ナサ、ベス・ケネディ、クリステン・シャール、クリスティーン・レイキン、キャスリーン・マーシャル、スコット・マーシャル、ランス・ハワード、トレイシー・ライナー、ジョー・マンテーニャ

キャストが豪華なので並び順に困る出演者一覧だとは思うw

ともあれ、アメリカのバレンタインデーって大変なんだな。ってことがよく分かる作品ではあります。日本もある意味大変なんだけど、アッチのが思い入れが深そうというか、まぁ映画だからなんだけど、こじれすぎ(汗)

群像劇だから、こじらせなきゃダメなんですけどね(笑) こんがらがってて当たり前ってやつ。まーしかしこれだけビッグネーム揃いだと、扱うのは大変だろうけど、撮るのは楽しいでしょうなw 個人的には、あんま好きじゃないんですけどね、群像劇。楽しいテーマだから観てて楽しめるけど、個々のフォーカスがどうしても弱くなるのが残念で。もっとみんな掘り下げた話を見たくなっちゃって(笑)

えーそういうのとは別に、アシュトン・カッチャーが好きです(唐突)。『バタフライ・エフェクト』と『守護神』でキタ。『スティーブ・ジョブズ』はパッとしなかったようですが、いずれ観ます。ブラッドリー・クーパーも好き。今作は残念ながらもにょもにょのふにょふにょでごにょごにょでしたけど、『アメリカン・スナイパー』もそのうち観ます。ジェイミー・フォックスの弾き語りまで観られるとは思いませんでした。お買い得でしたねぇ(笑)

バレンタインデーだから、というカコツケがあっても「酔っ払ってるのか?」と言われてしまうくらいには、素直な告白というものが一般的でないニッポン。これだけチョコが蔓延している割に、謎ではあります。

私は日頃から何に対しても素直で、というよりむしろ直情的で(笑) 当たっては砕けてるレベルなんですけど、それでも「好き」を投げるのは勇気が要るのです。受け取る側になった方も、是非、勇気を持っていただければと!(誰)

※2015年2本目
posted by のりすけ at 01:17| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

オンデマンド視聴『300 <スリーハンドレッド> 〜帝国の進撃〜』

原題『300: Rise of an Empire』
2014年 アメリカ
監督:ノーム・ムーロ
出演:サリヴァン・ステイプルトン、エヴァ・グリーン、レナ・ヘディ、ハンス・マシソン、ロドリゴ・サントロ、カラン・マルヴェイ、デヴィッド・ウェンハム、ジャック・オコンネル、アンドリュー・ティアナン、イガル・ノール、ピーター・メンサー

そう。主人公に華がない。これだけが致命傷。あらゆる描写がとにかくエグいのは分かって観ればいいだけなんだけど、キャラに魅力が足らないのはイカン。個人的には、エヴァ・グリーンの怖さだけで観られた作品と言っても過言ではない。

もう何の誇張もなしに、見るたびに怖くなってゆくエヴァさんに戦慄しまくりです(((((; °Д° )))

ストーリー面では、前作(http://catwatchamovie.seesaa.net/article/89905908.html)があって、その前後の、周辺の国のお話ってことなんですよね。史実に基づいているんでしょうけど、私はまったくわかりませんw 世界史いちおー選択してたんだけど高校の時。平均点とったことないレベルなのでマジわかりませんの(大汗) 先生のお話は楽しく聞けてたんですけどねぇ・・・なぜに記憶に残らなかったのやら。

で、スパルタの王であったジェラルドバトラーもちょろっと出てたりするんですが過去の人になってて、それでも何故だか筋肉は常に鑑賞できてたのですよね。当時のその辺りでは、スパルタに限らず半裸が基本だったのでしょうかw 兜はかぶるのに鎧は着ないんだ?(*^_^*)

前作の半裸筋肉はほぼ全部作り物(スーツを着てた状態)、と判明しておりますが、今回はかなりリアルに見えましたよ。流石に6年も経てば技術も進歩しますかそうですかそうですよねー(笑) 前回の生き残りであるところのファラミア様(=デヴィッド・ウェンハム)も、うそくさい筋肉スーツなぞ着ていなかったかのような自然さでした。

クセルクセスのスゴさが分からないのがイマイチでしたかねぇ。「全身の毛がない」だけじゃあ、流石にひれ伏さないよw 実際に戦ってないからね。カリスマばっかりスゴくて、実のところペシペシって引っ叩かれたくらいでしんじゃいますとかだったら、ヒヨリまくった日本人だって突っ込みたくなるってもんですw
なんか後半の流れでエヴァグリーンを殴ってた(風なアレな)けど、まったく説得力ないからね。ふつーに戦ったらエヴァが確実に勝つからね(戦慄) アルテミシアとか名前可愛すぎだからね(ガクガクブルブル)

というわけで。映画の総評としては、

血しぶき >>>>>>>>> 筋肉 > おっぱい >>>>> ストーリー

といった感じです。異論は認める。


※2015年、鑑賞1本目です。今年は目標を立てました☆ 年内30本!・・・既に無理げな空気を感じられなくもないですが1本目から諦めてはイカンw がんばります。
posted by のりすけ at 00:19| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

オンデマンド視聴『トランセンデンス』

原題『Trancendence』
2014年 アメリカ
監督:ウォーリー・フィスター
製作総指揮:クリストファー・ノーラン 、エマ・トーマス、ダン・ミンツ
出演:ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、ポール・ベタニー、レベッカ・ホール、キリアン・マーフィ、ケイト・マーラ、コール・ハウザー、クリフトン・コリンズ・Jr、コリー・ハードリクト、フォーク・ヘンチェル、ジョシュ・スチュワート、ルース・レインズ、フェルナンド・チェン、ザンダー・バークレイ、ルーカス・ハース、ウォレス・ランガム

単純にSFモノのお話として興味があったんですよ。ジョニデだからではなく。アタシはジョニデそんな好きじゃないッス。話し方がモニョモニョだし、マッチョでもないしw イケメンではあるが。アタシの好みとは関係なく大物スターなんだから、彼が出るならそれなりに観られる映画なのだろう、という基準もある。つーかモーガン・フリーマンにキリアン・マーフィーにポール・ベタニーだよ。期待しちゃうに決まってるじゃないの(*´∀`*)

というわけで観るとこまでは先入観なしに観たんだけど、コレを書くに至るまで、あちこちレビューを読んだりしちゃったワケです。・・・評判としては、あんま良くないのね(;^ω^) 確かに、理屈で言うと謎な部分が多かったと思う。既に語り尽くされているようなので(≒面倒なので)ここでは全部挙げませんが、雨を降らせるシークエンスはいかがなもんかと思ったし、『2年後』ってゆわれたときは「なんで?!」って言いそうになったしw

理屈や理論は、すっとばしちゃえばいいよ。まさに「Don't think, FEEL(考えるな、感じろ)」ですw 「誰かの役に立ちたい」「困っている人を助けたい」「良いことをしたい」「平和に暮らしたい」という想いは、理屈じゃない。

大怪我した人が瞬く間に完治、さらに筋力増強! 目が見えない人も見えるようになっちゃう! 歩けなかった人も歩けるようになっちゃう! しかも筋力増強! そして全員”つながってる”。日本人には馴染みはないけどキリスト教で言うところの神様みたいなことやっちゃってるんだよね、それがアッチの人には「神の冒涜」みたいに感じられる、っていうのを読んで納得。

「軍隊を作ろうとしている」のは、純粋に「気持ち悪い」。意のままに操る集団を組織しようと企んでいる、と書けば分かりやすいか。神的所業とあわせて、アヤシイ宗教みたいなもん。ダメだろウィル。ダメだよエヴリン。望まない未来をどこかで予見していながら、気付かないフリをしてたんじゃないか。

ところで「アップロードされたウィル」の機能が停止しても、ナノウィルスの働きはなくならないっていうことですか? 元気なヒマワリをマックスが見てたのは5年後だよね? あれ? 2年経過してから5年? その前? どっち? どっちでもいいか? そうかw どちらにせよネット環境が壊れたままってのも謎。ナノウイルスはネット環境の修復はできないんだね(笑)
posted by のりすけ at 20:51| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『ホビット 決戦のゆくえ』

原題『The Hobbit: The Battle Of The Five Armies』
2014年 アメリカ/ニュージーランド
監督:ピーター・ジャクソン
出演:イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、エヴァンジェリン・リリー、リー・ペイス、ルーク・エヴァンス、ベネディクト・カンバーバッチ、ケン・ストット、ジェームズ・ネスビット、ケイト・ブランシェット、イアン・ホルム、クリストファー・リー、ヒューゴ・ウィーヴィング、オーランド・ブルーム

アゾグとかボルグとか、原作では名前が出て因縁がありますよ、って言ってる程度で、詳しい描写とかあんま無いんですよね。なかなかうまく作ったなぁ、と思う反面、アッチの人たちにとって、「鼻が潰れてる(orすごく低い)」「目がつり上がってる」「毛が薄い」「しゃくれ」等の要素は、「悪いやつ」のイメージなんだなぁ。と。ロードオブザリングのメイキングからずっと思ってたけど、悪者側クリーチャーの造形がことごとくソレじゃないっすか。見慣れちゃうと見慣れちゃうし、ああ、そういうステレオタイプってやつなんだなぁ、と処理しちゃえば済む話だけど。ま、良い悪いじゃなくて、そういう世界観ってことで。

さて、オリジナル脚本であるところのドワーフ分割シナリオでしたが、あっさり合流しました!(笑) まぁ、合流しなきゃ後が困るし、それは良いんだけど、なんかスマウグやっつけてドワーフ合流までがあまりにもアバンタイトル感あふれててカンバーバッチ的にどうなのかとw あとキーリとフィーリの最期が格差ありすぎですwww フィーリだってそれなりにイケメンなのにwww

デイルの描写ったらすごくゴンドールでした本当にありがとうございました。山に貼りついた街だからしょうがないのかなw 坂だらけくねり道だらけの街並みといい、悲壮感漂う人々の表情といい(-_-; そんな中、ひとり凛々しいバルドさんが超イケメンでしたありがとうございました。あのカリスマはついていかざるを得ない。そしてその隣に付かず離れず存在してたアルフリド。あんなにダメな奴なのに、生き残ってる気がしてならないw ラスト付近描写なかったけど、きっとアイツ死んでねえぞ。つーかあれで映画オリジナルキャラか! 完成度高いぞ!(笑)

トーリンが欲望に堕ちる描写はかなり丁寧だったけど、、そこから立ち直るのはあんがいアッサリだったよね。堕ちるときは葛藤あるけど、目が醒めるときは一気に醒めるのか。そうか。それでも彼は死ななければならなかったワケですが・・・ビルボが看取ることにしたのは心憎い演出だと思う。

ガンダルフが囚われていた描写からの〜、ガラドリエル様のシリーズ通しての激怖ハイライトシーン(2回目)など、ですが、やっぱり怖かった(笑) あとサルマン@クリストファー・リーの立ち回りが素晴らしくカッコ良かったのですが、本体の人はあんなに動けるはず無いので覆面さんの映像にお面かぶせた的なアレを施されているのでしょうね。ともかく、このシークエンスは衝撃映像の連続w 超絶見どころw

タウリエルさん、寂しくて死んじゃったりしないよね・・・オリジナルキャラ故に誰も知らない顛末。DVDのすぺしゃるえっくすてんでっとえでぃしょんに入れてもらえるとうれしいです。キーリファンの同志としてw

戦いが終わった後、ビルボが帰路につくまでに本当はいろいろあったはずなんだけど、これ、、、景気良く割愛してる・・・よね?(^_^; いちおう、分け前をどうするかとか、山の下の王を誰が継ぐのかとか、ゴタゴタが済んでから帰ったはずなんだけど。ガンダルフとの旅路も相当長かったはずなんだけど。もうアレか、原作読んでる前提かw いいけどさ、もはや(-_-;;

いいんだけど、もうちょっとそのエピローグ的な部分を長く尺とってくれても良かったような気がします。ビヨルンときっともっと仲良くなれただろう描写とか、、、ビルボが詩を読んでガンダルフに褒められたり・・・あ、コレって、ピピン=ビリー・ボイド氏がエンディングで歌ってる歌詞にけっこう盛り込まれてる?もしかして。って思ったけど気のせいかな?(^_^; バギンズ家に戻ってからのゴタゴタも、ちょっと面白そうなんだけどなぁ・・・ていうか、終わって欲しくないんですよ。言わせんな恥ずかしいっ(照)

・・・・・。

シルマリルの物語・・・げふんげふn
posted by のりすけ at 00:13| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

劇場『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』

2014年 日本
監督:高橋滋春、ウシロシンジ
声の出演:戸松遥、関智一、小桜エツコ、梶裕貴、奈良徹、遠藤綾、佐藤智恵、朴路美、志村けん、片岡愛之助、島崎遥香

まーアレだ。普段TVをチラ見しててね。もんげーくだらないのは知ってたから、映画だっつってもくだらないのは変わらんだんべと思って赴いたワケです。案の定、大部分くだらない。けどね、いっぱい出てくる妖怪を、あんま詳しく紹介したりしなくて、ああもうTV見てるの前提なんだなって思った反面、ストーリーをわりときちんと語ってて良かったかも。イイハナシダナー(;∀;`)ってトコ、ちゃんとあったし。何しろ、ちゃんと、”誕生の秘密”が語られているw ギャグで終わってないw

なんつーか、いつもの仲良しの友達を巻き込むと、まんまドラえもんみたいになるんだよな、きっと。だから敢えてそっちに行かなかったんだろうな。っつうのは思った。ジバニャンの見た目とウィスパーの役割とウォッチの働きを足してテケトーに割ったら、ほぼドラえもんだろw あと仲間を増やすってゆーポケモン要素に、ギャグが混ざって。考えるだに最強だよねーw

パロディネタはわりと面白いと思うんだけど、TVだと基本やりすぎだししつこいのよねw 映画ではあんまりどぎつくなかったっつーか妖怪がとりついて悪さして誰かが困ってるってゆーシーンが無かったし、随分雰囲気が違った印象。その代わりつまらんリアクション芸にイラっときたりw まぁ、良くも悪くも映画版ってことですか。

で第2弾も決定しているとのこと。マスターニャーダは確かにもっといじれるよねw 本家スターウォーズも第7作っていうのが出るらしいし、ちょうどいいんじゃないでしょうか。いちおうチェックしときます(^_^;
posted by のりすけ at 20:26| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル』

2014年 日本
監督:柴崎貴行
出演:竹内涼真、佐野岳、内田理央、上遠野太洸、吉井怜、浜野謙太、井俣太良、クリス・ペプラー、松島庄汰、蕨野友也、綾部祐二、片岡鶴太郎、小林豊、高杉真宙、志田友美、久保田悠来、青木玄徳、松田岳、松田凌、弓削智久、吉田メタル、(声の出演)三木眞一郎

ガイムの方は、平和になった物語の「その後」だし、コウタはどうせ最強だからと思って安心して見てたのに、いきなりの爆散。さすがにビビった(汗) ミッチえらいよミッチ。未だにイマイチ頼りないけど。ニーサンも超がんばった。むしろ主役級にがんばってたw 年長組でありながらw

年長組といえばリョーマがお約束的に復活してたけど、でスッゲー強そうな変身してたけど、やっぱり負けるんだよな(笑) 一方カイトはノーマルバナナなのに無茶苦茶強いという。ここら辺はお約束感強すぎで個人的には微妙。だけどメロンとバナナのスピンオフDVDが出るらしいので、無事手に入れることができたら全て許そうと思う(何様)。

あと敵さん(量産型)の着ぐるみがスゲー短足だったのは何故だろう。あんまり突っ込まない方が良いのは分かってるけどw

ドライブの方は、本編でいくらか話が進んでいたこともあって、ベルトさん(本体)の存在もハッキリしてきたし、過去だったらいくらでも絡み放題で都合がよろしくて良いっすね!とゆー感じですけども(笑)

ルパンの人が心底嫌な奴で、かつ謎の強さでシンノスケを圧倒してて、何かが異様w 以前ガイムで出てきた金色のリンゴライダーを彷彿とさせる強敵感はあったものの、完全なる小物感が拭えない謎の存在感。中の人と変身後の、見てくれはともかく、何かが一致してないせいと言うか、似ている部分が無いから?なんかそんな感じ。

しかし、根性だけでどうにかなっちゃった部分だけは納得いかないなぁ。つまり、想いさえあればベルトさん直るのかよ! という話。科学者だろ〜?理屈で動けよ〜。あと、吊るされ霧子暴れすぎ。そんな暴れなきゃそんなすぐ切れなかったろうに・・・(´-ω-`)

そして編笠ですよ。ガイムのドライブアームズはぶっちゃけおもろくないw シフトオレンジがぜんぶもってった。そして今回はそれが許されているw 邪魔だろアレ! 邪魔だろアレ! もう、邪魔だろ!アレ!!(笑) 車に乗ってCG世界を爆走し始めてからは、あ〜ハイハイお終いまでガンバって〜つーかもう走ってねーで飛べよ!飛んじゃえよ!(笑) とか言ってるうちに最後はキックで〆るので、まぁいつも通りですね。ええ。

毎年見ちゃってるから、なんとなく飽きちゃってるのもあるけど、それにつけても妖怪に押されすぎですね(^_^; ガラガラでしたからね(汗) まーいいけど。むしろクリスマス前にグッズが売り切れてなくて良かったんじゃないでしょーか。今後もそれなりに分散してくれれば、それはそれで良いんじゃないかと。男子小学生をもつ親としては、かように思う次第でございます。

ところで結局何もしなかったマッハさん。古き良き時代の空気感が漂うデザインですね。車大好き故にドライブ関連グッヅを(親に)買い占めさせている甥っ子をして「それはいらない」と言わしめた正統派ライダーの今後の活躍に期待w
posted by のりすけ at 15:31| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

劇場『ジャージー・ボーイズ』

原題:『Jersey Boys』
2014年 アメリカ
監督:クリント・イーストウッド
出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリカ・ピッチニーニ、キャスリン・ナルドゥッチ、ルー・ヴォルペ、スティーヴ・シリッパ、ジョニー・カニッツァーロ、マイケル・パトリック・マッギル、スコット・ヴァンス、スティーヴ・ランキン、イヴァル・ブロガー、ジョセフ・ルッソ

やっぱり歌がスゴイ!ストーリーそのものは目新しくないけど、歌だけでもじゅうぶんお腹いっぱいになれます。吹き替えじゃないし、現場で本当に歌ってたらしいし、迫力ありますよ。日本でもどっかで聞いた曲ばかりですから、へーこれもか、これもか!ってずっと言ってたw 要は『フォーシーズンズ』自体を良く知らなかったからですw スミマセン。

あとナレーションが面白い。舞台でも同じ手法を使っていたらしいですけど、映画でやるのでは勝手が違うワケですよ。でも、最初に「?!?!」って思っただけで、あとはもう普通ですね。つまりメインの4人が、持ち回りで、観客に向かって解説いれるの。このときの背景はこうだったとか、俺はこう思っていたとか、アイツはきっとこう思っていただろう、みたいなのを、カメラ目線で喋るわけ。冒頭がソレで実に困惑したのはココだけの話w でも、面白い。こーゆーのもアリなんだなぁ。

年代的には、Big Band Jazzも流行り始めた頃?いろいろなものが沸き起こっていた時代なのかしら。破天荒(もーホントついてけないレベル)ではあるけど、勢いがあってイイヨネ。尤も、才能があって初めて掴める切符なわけで、結局世の中動かしてんのは、べらぼうに金持ってる奴もしくはマフィア、ってことなのだろうか。

個人的には、ファルセットは別に好きじゃないですwww ファルセットと言って思い出したのが森山直太朗氏ですが、彼の「さくら(独唱)」には随分泣かされました。話を戻しますと愛を囁いていただけるなら断然、"後ろからそっと耳元バリトン"です(誰も聞いてないし戻ってない)。あ、好みとしては囁きながら襲っ(以下自粛
posted by のりすけ at 00:35| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

BD『劇場版TIGER&BUNNY -The Rising-』

日本 2013年
監督:米たにヨシトモ
出演(声):平田広明、森田成一、中村悠一、寿美菜子、楠大典、伊瀬茉莉也、津田健次郎、井上剛、岡本信彦、遊佐浩二、小山力也、水樹奈々、麦人、大塚芳忠

良くも悪くもライアンちゃんのウザさ。これに尽きる。他は特にコレと言って。姐さんの過去を絡めるあたりは良い感じだったけど、全体的には既に出来上がってる物語の「その後」ですもんねぇ。

個人的には、いつかルナティックとの決着をつけていただきたいと思うところではあるのですが、いかんせんタイガーがあれでは。バニーのモチベもどうなんだっつー話もあるし。まー他にもねローズとかね、いろいろ気になる部分はあるので、それなりに続編とか出ちゃってもイイヨ・・・と思ってますけど。

あの、声優さんがステキなのは分からないでもないけど、顔見てもしょーがねんじゃね?って思う程度のファンレベルなのね、アタシは(笑) だからこの特典映像の盛り上がり方って微妙についてけない感じなんだけど、話が面白いことは面白いんで、生暖かい目で見守っていきたいと思います。たまにコンビニで600円のくじ引いてグッズ当てるやつが300円で投げ売りされてたら買う程度(汗)

で、うっかりBD版買っちゃったんですけど初ブルーレイなんすけど、つまりBDプレイヤーを買いました。買っちゃいました。で、MacBook Proにフリーの再生ソフトを入れたんですが、画面のど真ん中に「正規版はこちら!」的なURL等が表示されたまま観ました(笑) 超ウザいけど、あんがいノープロブレムw

twitterでタニタ公式がライアンちゃんネタですごい盛り上がってて、もうちょっとでタイバニ仕様の体重計を買うところでしたよ。あぶないあぶない。ちなみに今アタシが使ってるのはオムロン製www

どこでもドア的なNEXT能力ってあったら欲しい。
posted by のりすけ at 21:52| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

DVD『尾根のかなたに 〜父と息子の日航機墜落事故〜』

2012年 日本
原作:門田隆将『尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故』(小学館文庫刊)
監督:若松節朗
出演:伊勢谷友介、松坂桃李、玉山鉄二、萩原聖人、貫地谷しほり、中田喜子、渡辺大、塩見三省、濱田龍臣、広田亮平、小林海人、森廉、眞島秀和、織本順吉、小倉久寛、大鷹明良、礼保、宮澤美保、大谷みつほ、長島暉実、庵原涼香、上岡紘子、羽村純子、加藤翼、田窪一世、菊池均也、山上賢治、蔵内秀樹、児玉頼信、山野海、大出菜々子、安田洋子、橘家二三蔵、広末涼子、余貴美子、緒形直人、石田ゆり子、國村隼

とあるエキストラ出演してる人に勧められて観ました(*´∀`*)

いいドラマです。しかし予想できていたとは言え、泣かされすぎました(汗)

まーちょっと狙いすぎな演出も多々あって、家族に焦点をあてたドラマだからと思えば変じゃない・・・いや、やっぱ変だ。主に松坂桃李が変だ。わざと?かなぁ(笑) 少なくとも髪型は合ってないw

峰岸家の凄まじさもイマイチわかんない。そういう風景を見たことがないからしょうがないんだけど、一介の町医者が、町を挙げて葬送の列?って。ねぇ。家狭そうだから線香上げの客に難儀したんじゃなかろうか。

上杉家に関しては、弟君の大人バージョンさんがなんだか日本人離れしているように感じたことと、”らしくなかった頃”のお母さんの怒り方がすっごいダメで、あーこれは反面教師になるーって思ったこと(笑) お父さんが天然ぽいのはアリ。アタシ、アレはアリ。うざいけどね。ハマるジャンルが私の好みとかけ離れてなければアリ(笑)

あーあと萩原聖人と広末涼子の取り合わせが、なんかちょっと。わざとらしいというか、ヒロスエちょっと良い母じゃなかったし(汗)

細かくツッこむのめんどくさいw

こういうドラマって、主役がはっきりしないじゃないですか。父も息子も子供バージョンも大人バージョンも、みんな大事だし。子役の子たちにもインタビューしたら良かったのに。大人の模範解答だけじゃなくて、子供がどう思うかも気になるんですけど。アタシだけかしら。

つーか、“父と息子の確執と和解のお涙頂戴”に超絶弱いんですよ(汗) だからもう観る前から泣かされるの分かりすぎるほど分かってた(?) ので、案の定ボロッボロだし箱ティッシュを脇に抱えてて大正解だったワケです。もうぜんぶ罠も見えてて分かりきってるのに、ずっぽしハマっちゃうんです(笑)

といったところであんま書くこと無いんですが、私は当時10歳でした。断片的に記憶があります。確か生存者が2人くらい居たんでしたっけ。520分の2くらい。生き残れる人っているんだ、すごいなぁ、とか思った記憶。(※ググったら4名でした)

え、29年・・・?・・・マジで??
そりゃーアタシも歳をとるわけだ。。。

ちなみに、エキストラ出演してた方の御姿は、教えてもらって漸く判明いたした次第。顔はっきり写ってねーんだから分かるワケねーっつーw
posted by のりすけ at 22:59| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする