2017年01月24日

劇場『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』

2016年 日本
監督:坂本浩一
出演:飯島寛騎、西銘駿、瀬戸利樹、山本涼介、松本享恭、磯村勇斗、松田るか、大沢ひかる、岩永徹也、柳喬之、小野塚勇人、甲斐翔真、工藤美桜、白石隼也、竹内涼真、棚橋弘至、鈴之助、山本千尋、高野洸、博多華丸、野村宏伸、佐野史郎

まず、『ピクセル』とそっくりなのですよ。いや、このライダー祭り見るまで『ピクセル』も見てなかったんですけど、見たいと思って持ってたの。で今作のDVD付きパンフレットについてきたDVD(?) のラベルが、『ピクセル』のパッケージとそっくり。

↓↓↓参考画像↓↓↓
パックマン的な

確かにね、パックマンを怖いと思える視点つったら真正面なのわかるけど、あまりにも酷似(汗) パクリとまでは言わないけど、ちょっとそれはどうなの。慌てて『ピクセル』も鑑賞しましたのでソチラの感想は別に書きますが、とにかく「パックマンは、つまりゴーストでしか倒せない」というくだりも、まるでコピペのようです。いろいろびっくりだ。

エム君には苦手なゲームなんて存在するのだろうか・・・?

さて本編とがっつり絡みまくりな昨今の映画ですので、ネタバレというか種明かしというか、みたいな位置付けで続いております。もースピンオフまで見ないと全体を把握できないとか、盛りすぎにもほどがあるし、1年で終わらないなら2年でも3年でも続いてくれて一向に構わんのだが...? とゆー勢いなのは否めない。

ただただ、ヒョロヒョロの頼りなさげな優男的イケメンばかりなのが個人的にはとてもとても残念です。この有様を思うと、松坂桃李(シンケンレッド)は体作ってたもんね。偉いよ。

カラダと言えば、ハルトは当時より幾分がっちりしたのではないかしら。それは良いけど、”ウィザードの人”からイメージが遠ざかってしまったのは致し方ないのか。役者としては良いことだと思うけど。

いい加減映画の話に戻るとするとですねw 相変わらず唐突に当然のよーに出現する「今のライダーが先輩のに変身するアレ」と「先輩ライダーが今のに変身するアレ」ですが、今回も酷いもんです(少なくともダメ出しの意味ではない)。ダメな部分があるとすれば、ガシャットで変身するLV1の頭身がおかしいだけの話。あんなに頭デカイ理由ないもんwww 動きづらそうでアクターさん殺しにしか見えないし(汗

良かったところは、ただただアクション。生身のアクションシーンをどう生かすか、に命をかけてると言っても過言ではない監督さんのおかげで、なかなか良いモノを見せてもらってます、毎回。アクション監督はこの人に任せとけ!みたいな空気あるんでしょきっとw ただ総監督やらせると流れとかバランスとか〆とかがゴニョゴニョ、って感じがしないでもないので、、、お祭りだから許す。許す。

つーわけでろくな感想になってないけど長くなったので終わりますw
posted by のりすけ at 00:05| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

劇場『君の名は。』

2016年 日本
英題『Your Name.』
監督:新海誠
声の出演:神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子、成田凌、悠木碧、島崎信長、石川界人、谷花音、てらそままさき、大原さやか、井上和彦、茶風林、かとう有花、花澤香菜

とにかく絵が良い。すごく良い。あと、「今日のこの日のために」っていう収束感がすごく良い。映画だから良い。都合良くまとまってる。テンポ感や伏線回収はなかなか良いけども、謎の誤魔化し方とか、若気の至りとかね、アレですけどね、全部ひっくるめて許せる(何様)。

タイムパラドックスとかその辺の難しいトコを検証してるtogetterもあるみたいですが、まぁ、すごいよね(笑) そもそも1200年ごとに隕石が降ってくる土地だなんてがくがくぶるぶる。彗星がやってくる軌道が1200年周期ってゆーだけならまだしも、そこから割れて降ってくる隕石が都合良く同じ場所へ落ちるワケねーだろって話。割れて降ってくるっつーことは大気圏で燃え尽きない程度の大きさが必要なのであって、そーすると割れて残った本体側の質量が大幅に減るワケだ。そーすっと周期もコースもずれる可能性があるでしょう?地球の、北半球の、日本の位置する島国の、その中のピンポイントで、1200年ごとにヒットさせるには説得力がなさすぎると思うんだ。

ツッコんだら負けなのは分かってる(^_^;

ファンタジーなラヴストーリーとしては、本当に面白い。青いなぁ、若いなぁ、と斜に構えつつ、徐々に明かされる宮水家の状況や、タキ君と奥寺先輩の成り行きを絡めながら、しかし唐突に事実が判明してしまうくだり。ここまでフワフワしてた気分に、一気に冷や水を浴びせられたようで、この先を凝視せずにいられなくなる。

涙は出ない。相当涙腺の弱いワタクシですが、今回はほとんど泣きませんでした。おそらく感情移入するよりも状況把握に時間がかかったのだと思う(笑) ”意識の入れ替わり”が頻繁に起こって、どっちがどっちの時に起こっているコレがどうで?!みたいなので忙しかったのだと思います(>_<)💦

ラスト、二人が現世でちゃんと巡り会えた時には、さすがにスクリーンが滲んでしまいました・・・

映像がとにかく美しかった。彗星の描写、雨が石畳を打つ様子、空の色合い、とにかく美しい。”片割れ時”の空の色、最高。アニメーション技術ではなく、写実的な絵そのものが良かった。あと楽曲の歌詞は物語に即したものになってるらしいですねそもそも。ちょこっとどっか読んだところによるとです。パンフ買いそびれたのでw

何度でも観たいと思うには、時系列を整理したいと感じるなら、でしょうか・・・謎は謎のままでも面白いよ。いや、こういう若い情動みたいなアレについては、もう私なんかはそんなに何度も見たくない部類に入ってきちゃってますし(笑) つー感じでわざとらしい部分もあったりなかったりですが、映画の出来は良い。ちゃんとまとまってるし、何しろハッピーエンドだ(笑) ヒットも納得です。


※2016年 13本目。
posted by のりすけ at 22:59| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オンデマンド視聴『オデッセイ』

原題『The Martian』
2015年 アメリカ
監督:リドリー・スコット
出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー、キウェテル・イジョフォー、ベネディクト・ウォン、マッケンジー・デイヴィス、ドナルド・グローヴァー、ニック・モハメッド、チェン・シュー、エディ・コー、エンゾ・シレンティ、ジョナサン・アリス、ナオミ・スコット

トム・ハンクスの一人語りモノより面白いよ。と率直に思ったけど、よくよく考えてみるとこの映画はコメディでありミュージカルだ。サバイバルしてる割に、あまりにもマットデイモンが楽しすぎる(笑) 主人公以外の状況説明にも結構時間割いてるし、いろんな視点とか思惑とか存在してて感情移入しやすいんじゃないかと思う。むしろ主人公に一番感情移入しにくいw

とりあえず冒頭のシーンだけは、ああ、これで彼が置き去りにされるんだな。っていう、その説得力だけは強烈に理解できた(^_^; あとの科学的根拠っぽい様々なアレヤコレヤは、さっぱり分からぬ(笑) ワトニー君のバイタリティ=生命力にはホント感心しちゃいましたけどね〜。

邦題の”オデッセイ”ってどっから来たんだっけ?原作は『火星の人』という和訳で書籍も出てるらしいですけど、原題を直訳すると「(もはや)火星人(と呼んでも良いのでは?と思えるほどに、不本意ながら適応することができてしまった地球人)」なんじゃないかと思いますけど(笑)

地球と通信ができてすぐに、マークが「クルーはどうしてる?」と聞いたのがグッと来た。人間ができてるよー。宇宙飛行士ってそのくらい人間ができてないとなのかー。船長さんも良い人だもんなー。ショーンビーンも良いキャラしてるし。キウェテルさんも大好きだー。

終盤、唐突に出てきた怪しさ満点の中国人有力者がイミフ(笑) マークの家族が影すら出てこなかったのも謎。君のモチベーションの源は、いったいぜんたいどこにあるって云うんだ。なんだかんだ、結構集中して観ちゃいましたね。邦題とキャッチコピーは相変わらず大概にしろ、って感じですけど。


2016年 12本目。※年間50本の目標は諦め済みです。あしからず。
posted by のりすけ at 21:04| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

オンデマンド視聴『スフィア』

原題『Sphere』
アメリカ 1998年
監督:バリー・レヴィンソン
出演:ダスティン・ホフマン、シャロン・ストーン、サミュエル・L・ジャクソン、ピーター・コヨーテ、リーヴ・シュレイバー、クイーン・ラティファ、マルガ・ゴメス

20年も昔の映画だったのか、そりゃサミュLさん以外は「誰?」だったの納得www そういえばクイーン・ラティファが一回り小さい。

最初の方は記憶が無いんですけど、途中もホラーっぽくて苦手なやつかな・・・って感じでよく見てなかったし、よくわからない知的生命体との交信も最後はあってもなくても関係無い感じになってたし、結局「忘れる」ことで結論も解決も成長も学習も全て放棄というトンデモEND。感想書こうかどうかマジで悩んだんですが、もう誰も観るべきでないという意思表示と自戒を込めて此処へ記すことにしたw



※2016年 11本目。年間50本の目標は断念いたしました。大変申し訳ございません。
posted by のりすけ at 14:39| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『秘密 The Top Secret』

日本 2016年
監督:大友啓史
出演:生田斗真、岡田将生、吉川晃司、松坂桃李、織田梨沙、大倉孝二、木南晴夏、平山祐介、三浦誠己、泉澤祐希、望月歩、前野朋哉、小市慢太郎、栗山千明、リリー・フランキー、椎名桔平、大森南朋

原作はもちろん読んでないんですが、よくわからんトコはけっこうあるね。生田斗真が天才ってことになってたらしいけど、どの辺が天才なのかサッパリわからぬ。持病もちでよくひっくり返ってるらしいから、虚弱キャラなのか。その上ちっこい人だし、部下に強気な態度をとってるからには凄い能力があるってゆーのがどっかで分からないと説得力がないし。いつそれが表現されるのかと思ってて結局最後まで出てこないし。

何人もが見て気が狂ってしまったとゆー貝沼の脳内ですが、松坂桃李の脳フィルターで随分まろやか(?)になったのか?脳内映像初体験なわけがない、覚悟の上で見た職員たちがこぞって狂うほどの衝撃か?サッパリわからぬ。ただ事前情報無しに剛くんが見てたら泣いちゃうくらいには衝撃だったとは思うけどね。

絹子の異常ぶりと、追い詰められた眞鍋さんと、頭蓋骨を電鋸で切ってるシーンと、露口父が家族の頭部を破壊するシーンは衝撃だった。いやあ、キツかった(汗) PG12だったの?18じゃなくて?(汗)

絹子役の人、モデル出身だそうですが演技というかセリフ回しがぎこちなく聞こえるところは「サイコパスがわざとらしく演技してる風」で良かったと思いますよ(笑) いやサイコパスの人に会ったことないから、いや会ったことある人のなかにサイコパスが居るかどうか知らないから、まさにそういう演技ってのは分からないけどw 演技だとしてもそれは嘘だと責められない状況を作ってるとゆー点でメッチャ腹立つけどね(>_<)

で、結局何が言いたいかっつーのが犬視点でモヤモヤw

他人の記憶を疑似体験してしまって、自分の記憶や感情があやふやになる感じは居心地の良いものではないね。ところで何が「秘密」だったのかしら。


※2016年 10本目。年間50本の目標は断念いたしました。誠にスマヌ。
posted by のりすけ at 14:35| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『シン・ゴジラ』

英題『Shin Godzilla』
日本 2016年
監督:庵野秀明(総監督)、樋口真嗣
出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、余貴美子、國村隼、平泉成、柄本明、大杉漣、逢笠恵祐、赤山健太、ANI、阿部翔平、粟根まこと、石垣佑磨、石原善暢、石本径代、磯谷哲史、市オオミヤ、伊藤慎介、伊藤武雄、伊藤竜也、伊藤美穂、伊藤明賢、伊藤裕一、伊藤祐輝、犬童一心、猪又太一、岩井堂聖子、岩橋道子、岩本淳、植木祥平、遠藤かおる、大内厚雄、大賀太郎、大迫一平、大塚ヒロタ、大槻修治、大根田良樹、大林丈史、緒方明、小川紘司、小倉星羅、小野孝弘、小山田将、片桐はいり、加藤厚成、加藤貴宏、金井良信、神尾佑、蒲生純一、川井つと、川口丈文、川嶋秀明、川瀬陽太、河野達郎、菅野久夫、菊池康弘、岸端正浩、木田毅祐、北山雅康、城野マサト、キンタカオ、國本鍾建、隈部洋平、倉敷保雄、倉田大輔、来栖聖樹、KREVA、黒田大輔、小出恵介、河野洋一郎、小久保寿人、児玉頼信、小林健一、小林隆、コビヤマ洋一、小松利昌、近童弐吉、サイ・ホージン、斎藤工、斉藤範子、斎藤嘉樹、酒井康行、佐藤一平、佐藤貢三、佐藤五郎、佐藤俊介、佐藤裕、鮫島満博、志賀龍美、信太昌之、柴崎佳佑、嶋田久作、島津健太郎、下平ヒロシ、白畑真逸、末吉司弥、杉原枝利香、杉山ひこひこ、杉山裕右、鈴木里彩、須田瑛斗、須田理央、諏訪太朗、関幸治、関谷亜矢子、妹尾青洸、高井正憲、高橋一生、高橋一夫、高橋良平、竹下宏太郎、竹森千人、辰巳直人、田中えみ、ダニエル・アギラル、谷口翔太、谷本峰、谷本幸優、塚本晋也、津田寛治、土屋良太、鶴見辰吾、手塚とおる、藤東勤、豊田茂、鳥山昌克、内藤大輔、中田敦夫、中田春介、中野英樹、中村育二、中村讓、中脇樹人、南原健朗、西岡秀記、西野大作、野口雅弘、野沢聡、野仲イサオ、野間口徹、橋本じゅん、橋本拓也、花岡翔太、花澤豊孝、浜田晃、浜近高徳、原一男、原知佐子、ピエール瀧、日中泰景、檜尾健太、平子悟、深川圭、福吉寿雄、藤岡大樹、藤木孝、藤原正和、古田新太、古屋治男、古谷佳也、細野哲弘、堀岡真、堀本能礼、前田敦子、前原滉、松井晶熙、松尾スズキ、松木研也、松澤仁晶、松林慎司、松本雄大、マフィア梶田、三浦景虎、三浦清光、三浦貴大、水野駿太朗、水野直、水野智則、光石研、三輪江一、村上隆文、村上航、村本明久、ムラヤマ・J・サーシ、本山歩、森優作、森廉、森本武晴、モロ師岡、屋敷紘子、矢島健一、柳英里紗、屋根真樹、山崎潤、山中敦史、山中良弘、山本カナコ、山元隆弘、山本智康、柚木彩見、横光克彦、吉家章人、由川信幸、吉田ウーロン太、米村莉子、米元信太郎、ラブ守永、若本勇人、和田慎太郎、渡辺哲、渡部遼介、野村萬斎

なんだよこの出演者の多さは!コピペして体裁整えるだけで相当時間かかったぞコノヤロウ!

長谷川サン、最近よく見かけますね。売り出し中?そこそこのイケメンなんでしょうが、いかんせん”薄い”よね。まぁ正義感あふれるお坊っちゃま的エリート政治家らしくて良かったと思います!(何様)

というわけで私は1回しか観てないんですけど、久々ですねぇ、もっかい観なきゃ!って思う映画。内閣総辞職の潔さ(汗)とか、無人在来線爆弾とかね。電車にも東京の地理にも政界の専門用語にも疎いので、分かんないトコだらけなんですけど。分かんないながらに、引き込まれるモノがあるんですね。逃げ惑う人々のリアルな表情。一般人の撮った写真や動画の方が世に出回るのが早く後手後手な政府。あんだけグダグダした会議なのにあんだけテンポよく字幕が出ると、つい読んじゃう不思議w 出だしは昭和昭和してるのに、後になればなるほど今風になる空気。

21世紀のゴジラはこうでなきゃ。

あとは正統派批評にしてもパロディ漫画にしても、ググれば山ほど見つかるので、気が向いたら探していただくのも一興かと存じます。つーか知り合いで観てない人まだけっこう居るよね。普段映画館に行く習慣のない人は、そう食いつくことはないんでしょう。それに、半年もすればTVでやるのかな?w











★☆★☆★☆★☆ 以下ネタバレ注意!!! ★☆★☆★☆★☆












尻尾の中の、人型の、骨っぽいの。私には2つ見えた。片方が博士で片方が妻なのか、最終進化形態として無尽蔵に分裂増殖するつもりの描写なのか、、、分からないけど、どっちかっつーと後者かなぁ。ネットで拾い読みした中では「人を取り込んでエネルギー源にしていたので、その残骸」というのはナイと思う。だって核分裂のエネルギーで動いてたんでしょ?人要らないよね?

そもそも生き物として、魚類→両生類→爬虫類→? と”進化”しなければならない理由もよくわからない。核分裂しながら海で平和に暮らすことができない理由があったわけだ。陸に上がらなければならない理由が。元が人だから?初めから人に制裁を加えるつもりで生まれた?

半減期20日ってのだけは出木杉だと思うけど、ひとまず助かったよ。ふーーー。ありがとう蘭堂くん!ありがとう泉ちゃん!ありがとう尾頭さん!ありがとうカヨコさん!ありがとう以下略!


※2016年 9本目。年間50本の目標は諦めました。誠に申し訳ございません。
posted by のりすけ at 14:28| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』

日本 2016年
監督:八鍬新之介
声の出演:水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昂、関智一、三石琴乃、松本保典、竹内都子、千秋、白石涼子、下和田ヒロキ、伊東みやこ、甲斐田ゆき、矢田稔、石井康嗣、大西健晴、久川綾、福井美樹、慶長佑香、武田幸史、家中宏、棚橋弘至、真壁刀義、小島よしお、大塚芳忠

まず、主題歌を子供たちがみんな歌えてしまうとゆーのに驚いた。知ってる、口ずさめる、じゃなくて、ガチで一緒に歌っているw もっとも「あったまテッカッテーカ♪さーえてピッカッピーカ♪」とかフザケタ歌詞じゃないから、ってのもあるのかな(笑)

さてストーリーは大筋ではそれらしく出来てると思うけど、絶対ツッコまねばならない部分が以下。

タイムパトロールはドラえもん&のび太たちも逮捕しなければいけないハズだ。古代の土地を勝手に耕したり構造物を作ったり気象を変えたりして、タダで済むハズがない。人類が居ないと思ってた、なんて理由にならないよね。生態系が変わるもん。あと、のび太に犬笛をあげちゃいけないだろう。何も持ち帰ってはいけないはずだ。『サウンド・オブ・サンダー』を観てたら恐ろしい未来しか予想できない。この流れでのび太たちが現代へ戻ったら、異形の生き物が闊歩し荒野の広がる世界になってたらと思うと!(ガクガクブルブル

それまでのドタバタはお約束だからいい。最後の最後で、そりゃーまずいぜおねぃさん。咎めるところはペット達だけじゃねえだろ・・・という展開になって、おねぃさん涙が乾きました(笑) お子ちゃまたちも、けっこうもらい泣きしてましたが、その点だけはイイハナシダナー(;∀;`)で良かった。

数日後、なぜか「ペットを飼いたい」と言い出す息子9歳。いいぞ、そのタイムラグ。


2016年 8本目。※年間50本の目標は諦めましたゴメンナサイ。
posted by のりすけ at 14:21| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オンデマンド視聴『ジュピター』

原題『Jupiter Ascending』
アメリカ 2015年

監督:ラナ&アンディ・ウォシャウスキー
出演:チャニング・テイタム、ミラ・クニス、ショーン・ビーン、エディ・レッドメイン、ダグラス・ブース、タペンス・ミドルトン、ペ・ドゥナ、ジェームズ・ダーシー、ティム・ピゴット=スミス

チャニング君のポーカーフェイスっぷりが、なんだかよくわからない。誰に遣わされたか知らないけど、あまりにもロボっぽいw 命がけでジュピターを護るっつったって感情がなさそうな顔してるしセリフも冷静だし、つまり熱がこもった感じがしない。吹き替えだったから余計そういう感じたのかもだけど。そもそもあんま好みじゃないのでどうでもいいけど(をいをい

個人的に、エディ兄さんの脆すぎるメンタルが、一族の終焉を予感させるようで、わりと好き。結末はどうだったのか、もう記憶に残ってないんだけど、たぶんどうでもいいよね。だってチャニング君がかっこ良ければイイんでしょ?この映画って(台無し

・・・すみません、観てから随分時間が経ってしまったので、本当に覚えていない。いや、本当に覚えていない本当の理由は、あんまりグッとこなかったからです。ハイ。すみません。



※久々の記事で誠に申し訳ございません。年頭に今年は50本観る!って言ってたけど、やっぱ無理。もう9月だし、このペース無理。ごめんなさい。とりあえずカウント数だけ書いときます。2016年 7本目。
posted by のりすけ at 14:12| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

DVD『仮面ライダーチェイサー』

2016年 日本
監督:石田秀範
出演:上遠野太洸、竹内涼真、内田理央、稲葉友、松島庄汰、馬場ふみか、蕨野友也、吉井怜、井俣太良、山地まり、吉田晴登、木ノ本嶺浩、山崎真実、(声の出演)クリス・ペプラー、森田成一

『仮面ライダードライブ』のスピンオフ作品。Vシネマ第1弾☆

申し訳ございません。上遠野くんツイッターフォローしちゃいました。声が良いよね。色白童顔のわりにw そして笑うと超カワイイ(笑) 好みかっつーとぜんぜんだけど。

チェイスが人間の心を知りたいと思うのはごく自然だし、そこを付け狙うロイミュードが出てきてもおかしくない設定で、かつ終末感も漂わせている。けど、エンジェルさんすごい怖い人っぽいけど絶望感があんまり無いというか、実際に機能停止しちゃったロイミュードが1体もいないし、コアを抜き取るだけで取り込んでるワケでもないし、結局滅ぼすだけなんだから夢見せる必要もないよーな気がするし。よくわからん。それともアレはおっぱいの中に埋もれて夢を見たいという男共の願望を具現化したという描写か?(笑)

せっかくハート様のエンジェルとメディックとを比べるセリフもあるのに、メディックが実際に戦いに加わってないのはちょと残念。遊んでただけw 可愛いから許されてるんだろうねw それにつけてもハート様がやっぱりハート様で本当にありがとうございました!Vシネ第2弾でまさかのまさかなことになるなんて本当にありがとうございました!Goはオマケだと思っている。

「あのメガネ」が相変わらずでとてもヨカッタ(笑) 「はんかちはもういらない」とか芸が細かいスバラシイwwwwww

一方の特状課は、課長とキューちゃんが居なかったのであんまり特状課の色が出てなかったよね。ベルトさんとりんなさんで日食見ながら大騒ぎしてたのが謎。いい年の科学者なんだからそんなにテンション上がるワケないよね?小学生じゃあるまいしw それにそのタイミングで日食が起こってる根拠も謎。何の伏線にもなってないし。あのシーンだけは雑だったと思う。

息子8歳にDVDを見せたら、進兄さんと霧子がGoにブッシャアアアアアしてるシーンを何度も繰り返しててキャッキャいって笑ってたwww 私はむしろなんでスローにするんだよキモイだけだろ、って思ったけど(^_^;

照井の見た目が全く変わってなくてわりとオドロキ。ただ、変身シーンは心許なかったw まぁ5年ぶりじゃ致し方あるまい。警察でライダーでリア充同士、そりゃあウマが合うだろうねぇ・・・(白目)

ところでロイミュードが人間態でいる時って、刺したら血が出るの仕様なんですかね?? 殴ったら痛い、くらいは分かるけど。


※2016年 6本目。
posted by のりすけ at 00:18| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

DVD『アメリカン・スナイパー』

2014年 アメリカ
原題『American Sniper』
監督:クリント・イーストウッド
出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、ケヴィン・レイス、コリー・ハードリクト、ナヴィド・ネガーバン、カイル・ガルナー、ベン・リード、エリース・ロバートソン、ブランドン・サルガド・テリス、キーア・オドネル、マーネット・パターソン、サミー・シーク、ティム・グリフィン、ルイス・ホセ・ロペス、ブライアン・ハリセイ、ミド・ハマダ、ケーテ・メイザー、サム・ジェーガー、チャンス・ケリー、ロバート・クロットワーシー、エリック・クローズ、レイ・ガイエゴス、エリック・ラディン、ビリー・ミラー、レナード・ロバーツ、ブランド・イートン、ジョナサン・グロフ、オウェイン・イオマン

最後の最後に、思い出した。本人は亡くなってたんだって、知ってたこと。そのくらい入り込めた。主演のブラッドリー・クーパーは、ただのイケメンじゃなかったって、心から思う。また観直したいって思える数少ない作品のひとつですね。手に汗を握るのではなくて、思わず固めた拳をなかなか開くことができなかった。

中東を舞台とした映画を作るにあたって、ロケ地として使える場所っていうのが恐らく限られているのでしょう。今までに観た戦争を扱う映画でも、どうやら同じ場所でロケしたっぽいシーンがあったようです(^_^; まぁ、まぁ、仕方ないですよ。それぞれの監督さんも気を使ってくれてるでしょうし、私はそんなに気にしませんw

戦地に赴く夫を持つ妻の思いというもの。本当に辛いのは夫なんだけど、その夫の心には妻や家族が一番近くにいるべきって皆が思ってて、でも実のところ全然そうじゃなくて、なのに言葉の上では、夫は皆が望むことを言う。でも心だけが居ない。おかしくもなりますよ。体だけ無事に戻ってきても、これでは辛い。

アメリカでは、いろんな場面でのカウンセリングというものが広く浸透しているらしいですね。日本には退役軍人と呼ばれる人は居ないのでしょうけど、サラリーマン向けのカウンセリングというのも、もっともっと浸透して欲しいと願ってやみません。若年向け、中高年向け、どちらもね。世の中ってなんでこんな辛いことばっかりなんだ。

ざっくりとレビューをググると、ぜんぜん分かってない人が3割くらいいる(汗) 「アメリカ人が感動するだけの映画」だとか、「ISとの戦いを意識したプロバガンダ映画」だとか、「アクション映画じゃないからアカデミー賞はとれなかった」だとか。世間に公開されたモノは観る人の評価を甘んじて受けるのみ、とは言え観る側も最低限の社会勉強はしておかないといけませんね。

イーストウッド御大、今年86歳(汗) すごいよ。


※2016年 5本目。
posted by のりすけ at 22:01| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする